中野宗次郎ストーリー

中野 宗次郎 プロフィール

手術:中野宗次郎平成23年10月のある日、私は突然、右腕の力が衰え握力が4キロとなり、仕事の続行を断念せざるをえなく、病院へと向かいました。

診断の結果は、難病指定の首(頚椎)の病気だと告げられます。

回復が難しく、命の制限すらあるこの難病を、自分の中では認めず、日々明るく、心身共に健康な振る舞いをしていたのですが、やはり病状は良くなる気配すらなく、やもなく首の靭帯を除去しチタン合金を移植という大手術をしたのです。

しかしその後も病状は悪化し、二度目の手術の予告を受けました。すでに命の危機さえあり、最悪の場合は命も落としかねないとの宣告。
和多志は相変わらず明るく務め、リハビリに取り組んでいましたが、平成24年5月の連休の合間に専門医の執刀を受けられる事となり、1週間の自宅休養を許可されました。

この間、和多志は不安を払拭するかのごとく、あれこれ考える時間も失せる程に読書をし、氣をまぎらわせていた中で、「ひとりさん」(斎藤一人氏)の本に強く惹かれ、本社に問合せたところ、地元松山でひとりさんのお店を営業されている「まるかん・みらい」さんをを紹介されました。
早速お店に伺ったところ、いつも明るく人々に幸福を振りまいている店長「I」氏と出会いました。

手:中野宗次郎「I」氏に共感を受け、1週間の間に何度も通っていたある日、静岡で“無限力”という、医者がさじを投げた方を何人も救っているという「K」氏が、松山で無料の講演会を開いているという事を「I」氏より聞き、内心ワラをもすがる氣持ちで(外見はいつも明るくそんな気配さえ見せないでいたのですが)講演会場に向かいました。

会場では、「ぜ~んぶお願いします!!」と大声で叫び、ニコニコと笑いながら歩くという不思議な場面に出合い、それを行ったその瞬間です。何と!!
あれ程の首の痛みが消え、和多志の足元から黒い砂のようなものが流れ出ていくのが見えたのです。

「K」氏の3日間の講演会の1日目がその様な驚くべき事が起き、続く2日目には再び「ぜ~んぶ、お願いします!!」と言った瞬間に、閃光のような光が体を貫いて行くのを感じました。「K」氏にその事を伝えると、「天命が降りたな。明日病院でもう一度診てもらったらどうか?」と問われ、和多志は翌日病院へ向かい、手術の拒否を伝えました。(何も悪い所がないからだ)すると医師は驚き、認めたくは無い様子でしたが、「あなたがどうしてもと言うのならそれで良い。」「しかし専門医の先生はこの先スケジュールが一杯なので、次回希望しても無理ですよ。」と言われましたが、覚悟は揺るがず、「それでも結構です。」と即答。

決断後、病院の静かな廊下で、七色に光る龍の様な美しいものが、自分の體の廻りを包みこむように舞い、静けさの中「お前にお役を授ける。」というお告げのような声が響き降りて来たのです。

啓示:中野宗次郎3日目にその事を「K」氏に電話で伝えたところ、「それであなたはどうする!?。断ることも出来るし、又やることも出来る。和多志とは同じ経験をしていない。その代わり、やると答えたら命をかけてやらなければならない。断ってもよいが、これは天が与えたお役目なので、誰それには降りては来ない事。」と言われ、和多志は迷わず、「やります。」と答えていました。

「K」氏に「天にそれを伝えなさい。」と言われた通り、「和多志は、命をかけてお役目をお受けします。」と伝え家路につきましたが、その間約20分間、今だかつて無い程大量の涙が溢れ出て、嗚咽をこらえきれず大声で泣いていました。こんな経験は和多志の生涯初めての事で、涙を出し切った後の清々しい氣持ちと同時に、世の中全て、目に映る全てのものが愛おしく、生かされているという事の素晴らしさを魂で実感しました。

その後、次々と様々な出来事がありました。何度も上からのお告げを頂き、天命のまま足を運んだ中には、本当に命懸けのお試しが沢山ありました。又その反面、信じられない様な奇跡も多数ありました。

中野宗次郎時は流れて、今では上からのお告げ(今では波動だとわかったのだが)に従いながら毎日を過ごしています。
今回のお店「食の仕事人源龍」を開店させて頂いたのも、上からのお告げにより、「皆の集う場所をお前が作りなさい」との事で、資金も無く、知名度も無く、地域の事も何も分からず、足を踏み出したのですが、あれよあれよという間に話が進み、又、多くの皆さんの応援を受けながら、ワクワクと楽しみながら歩んでいます。
応援して下さった方々には、本当に感謝、感謝、感謝です。

現在は全国から沢山の皆さんが集まるお店となり、毎夜スピリチュアルなお話が飛び交ってます。

宇宙の理で生きる、そんな魂が喜ぶお話を、わたしの心を込めて作った料理を召し上がりながらしませんか?

わたしの今までの人生はとても興味のある人生でした。
又、皆さんもお店に立ち寄って頂ければ、この続きはお店でお話します。まだまだたくさんあります。

この宇宙は全て、波動で出来ている!!

感謝します。

「食の仕事人源龍」中野 宗次郎